リトミックステップ1のKくん(2015.4.14)

このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_1008

半年間ベビーサインをやったあと、Kくんはベビーリトミックに通っていました。

Kくんがママとも年長のお兄ちゃんとも、サインでコミュニケーションが取れるようになって、ベビーサインをやって本当に良かったとママは言ってくれます。でも、最近ずいぶん言葉が出てきたので、サインが消えていくのがさみしいといいます。そうね、Kくんのサインは可愛いものね。

1歳半になって、今日からリトミックのステップ1クラスになりました。

教室に入ってくると、Kくんはベビーサインの「おはよう」でごあいさつをしてくれました。まだ、レッスンが始まるまで15分くらいあります。

この1年間でどこに何があるかわかっているKくんは、すぐボールケースへ向かいました。ケースからボールを出し始めました。ボールは20個以上入っています。

「そんなに出さないで」とママが言いました。私が「いいよ、全部だして」と言ったら、嬉しそうに、教室中にボールをポンポンと投げました。からになったケースをのぞき込んで、「なーい」と言葉とベビーサインで言いました。

次にドレミパイプを見つけて、出そうとしたので、「ボールを片付けてからね」と言うと、「ウン」と返事をして、私にピアノを弾けと言います。

何かな?と思ったら、「おかたづけ」のピアノを要求。そうね。お片付けの時は、「おかたづけ」の歌ね。

ピアノに合わせて、ママといっしょにKくんがボールを全部片付けたので、サインで「おりこう」と伝えたら、嬉しそうな顔をしました。

そしてドレミパイプを床にたたいて、ドードードーミーミーと鳴らして、遊んでいました。

今日が体験レッスンのMちゃんが来たので、お遊びは終わりにして、2人でステップ1のレッスンをスタートしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です